MENU

股の黒ずみはターンオーバーで薄くなる?

 

股はデリケートゾーンであるため乾燥をしやすいです。
パンツの蒸れだけでなく、きちんと化粧水などを使ってケアをしない人が多いためです。

 

その為痒くなりやすかったり、荒れやすかったします。

 

この股の荒れや乾燥が元で掻いてしまうと、股はメラニンを生成し、次第に股の黒ずみが濃くなってしまうのです。

 

黒ずみの原因が日焼けと同じく、ラニン色素の蓄積である為、解消するには日焼けの解消と同じくターンオーバー(お肌の生まれ変わりの周期)を行なうことが重要となります。

 

つまり新たにお肌が出来ることで、メラニンが沈着した古い角質を排出し、黒ずみを解消することが可能となるのですね。日焼け後にからだの色が元に戻るのも同じ原理です。

 

赤色や黒色になった肌の古い細胞がはがれ落ち、新しい皮膚の細胞が形成しているので元の色に戻すことができるのですね。日本人なら生まれた頃から色が黒いなんてことは考えられません。
そのため、黒ずみを解消することができるのですね。

 

その為,時間の経過によって多少は治ることもあります。
ただし、これは軽度の黒ずみにあてはまることであって、黒ずみが深刻であれば解消するにはケアが必要となります。

 

ここででは深刻な、股の黒ずみのケアの方法について解説していきます。

 

深刻な股の黒ずみはターンオーバーで自然には良くならない

 

すでに黒ずみができているのであればターンオーバーの周期が遅いためにメラニンが色素沈着した角質がうまくはがれ落ちていないことが考えられます。または、刺激を与えすぎてしまっていることが考えられます。

 

考えられるケースとしては乾燥をした状態で刺激を与え、メラニンが色素沈着しているものの、ケアができていないのでターンオーバーの周期が乱れていることです。

 

そのため、何もケアをしなければどんどんメラニンが蓄積をされてしまうことになります。ターンオーバーによって色が薄くなるどころか色が濃くなってしまうのですね。

 

黒ずみができたばかりでないのなら自然と解消してくれると考えるのはあきらめたほうが良いです。きちんと美白ケアをして、メラニンの生成を抑制しながら保湿をしてターンオーバーを促すようにしましょう。

 

黒ずみケアには石鹸ではなくクリームがおすすめ

 

黒ずみをケアするのであれば美白成分と保湿成分の配合された黒ずみクリームの使用が効果的です。

 

そもそも股はデリケートゾーンと言われるだけあり、乾燥しやすいため、お肌のバリア機能が低下しがちです。
黒ずみがほかの部位よりも股に出来やすいのは、乾燥しがちだと言うことも理由の一つです。

 

そのため、黒ずみクリームの中でもデリケートゾーンに使えるものを選ぶようにしましょう。

 

黒ずみケア製品の中でクリームをオススメする理由としては、刺激が少ないことと洗い流さないことが上げられます。

 

ピーリングやスクラブなどの製品は刺激が強すぎて、メラニンが発生してしまい、また黒ずみができてしまう可能性があります。
また黒ずみケア石鹸も人気はありますが、洗い流してしまうため、保湿効果も薄く、有効成分が配合されていても浸透しづらいと言うことが理由です。

 

美容成分も一緒に泡と流れ落ちてしまうのですね。

 

デリケートゾーンの黒ずみを美白するクリームを使いましょう

 

黒ずみクリームの中でも特に使用がおすすめなのが医薬部外品となっている美白クリームです。

 

美白成分が配合されているため、メラニンの生成を抑制することができます。これ以上色が黒くならないサポートをしてくれるのですね。その上でしっかりと保湿する成分が配合しているため、ターンオーバーを促すサポートを行なってくれます。

 

医薬部外品となるため、化粧品よりも効能が期待できる、薬のような副作用のないものが多いです。

 

黒ずみを薄くするクリームの代表といえばハイドロキノンですが、デリケートゾーンに使うことで荒れてしまったり、刺激が強くメラニンが分泌する危険性があるのですね。その点、医薬部外品のクリームであれば刺激の少ないものも多く、安心して使うことができます。

 

>>>股の黒ずみを解消したい人はこちら